日々徒然

東京のホテルなうです。 明日から内定者研修(?)のプレのようなものらしい、、 まったく乗り気でないが、大丈夫だろうか。。 淡々といきますね。 さて。 1人で何かを考える時間というのはすごく大 ...

書くということ

文章を書くということは、とても孤独な作業です。 日々、パソコンに向かって、自分自身の中にある言葉を一つずつ汲み取って、文章にしていく。 大切なことは、自分の中にある言葉ということ。 誰かの受 ...

日々徒然

僕はたくさんの本を読みます。 それこそ、大学に入った頃は、年間500冊どころではなくて、毎日、来る日も来る日も、大学の図書館に朝から夜まで入り浸って、本ばっかり読んでいました。   この習慣 ...

思うこと

僕は今、いろんな形でアウトプットをしています。 こうしてブログを綴ることもそう。 人に会って、話をすることもそう。 人前で話す機会をいただくこともそうです。 こうしてアウトプットをしている人 ...

就活生向け, 面接

  (2018年7月21日追記) 【就職活動】面接で売り込みたい商品は「あなた自身」であるが、「いい商品だから売れるはずだ」という考えは甘い。 (2018年1月追記) 【就活本まと ...

書くということ

僕のブログのタイトルは「Yuttieの日記」です。 これは、このはてなブログの前にライブドアブログで書いていたときからそうです。 つまり、書くことすべてが日記になっていて、すべてその瞬間その ...

日々徒然

8月も後半に入った今、僕ら17卒(現4年生)の就職活動においては、どんどんと内定が決まっていて、そろそろ企業側も学生の側も終着しようとしています。 そんな中、僕が今関わっている学生と企業の場 ...

書評(という名の感想文)

中谷彰宏さんの「人は誰でも作家になれる」という本の中に、 第1作の主人公は、自分自身の職業にする。舞台は自分の職場にする。 という言葉が出てきます。 僕はこの言葉に出会って「これだ!」と身体 ...

就活生向け, 面接

大学の図書館で本を読みつつ、時折ブログを書きつつ、という素敵な時間を過ごしています。卒業までの時間、こうして時折、図書館の静寂に包まれるという時間を大切にしたいです。 *** さて。 「面接 ...

日々徒然

僕はこうして匿名でブログを綴っているわけですけれど、それはなぜかというと、将来本を書くという夢があって、自分の本名で発信するときは本を書くとき、という根拠なき理由みたいなものを以前からずっと ...

就活生向け, 面接

  就職活動の面接の中で聞かれることは、基本的には2つのことです。 1つは「自己紹介」で、もう1つは「志望動機」です。 この2つを聞くために面接がある、と言っても過言ではないくらい ...

就活生向け, 大学時代

大学時代に、これだけは経験しておくといいと、心の底から伝えたいメッセージが2つあります。 1つは、心の底の第一志望に告白をして振られる経験。 そしてもう1つは、いつかその第一志望を見返そうと ...

就活生向け, 面接, 体験記

就活を始めると、多くの学生がいわゆるOB訪問をすることから始めます。 大学の就職課で卒業者名簿をめくってみて、OBの名前と連絡先を調べて、震える手で電話をかけてみる経験というのは、大切な経験 ...

就活生向け, 面接

  (2018年1月追記) 就活生に向けて、僕なりのオススメの本を書きました。【就活本まとめ】リクルート、楽天(グルーバル)など内定多数が語る、就活を始める人が読んでおきたいおすす ...

日々徒然

「なんでいつもそんなに淡々としているんですか?誰かに嫉妬したりしないんですか?」 と言われたことは、僕の人生で一度や二度ではありません。 もちろん僕も人間なので、そんなこともないのですが、で ...

思うこと

  これから人材業界においては、あらゆる場面でAI(人口知能)がその入口を担うようになる。 そう言われて久しいですが、そのことについて人材業界は真剣な議論をしていくことが求められる ...

書評(という名の感想文)

僕が10代の頃に出会った、いまの僕の価値観の多くをつくってくれた僕の師匠は、執筆家である千田琢哉さんです。 僕は千田本に、ものすごく影響を受けている。 僕が大学1年の頃に、大学の友人に初めて ...

就活生向け, 面接

就活における面接では避けては通れないものに「集団面接」というものがあります。 グループワークやグループディグカッションとは違って、「面接官」対「学生の集団」という構図で、基本的には1人ずつ質 ...

書くということ

僕はこうして文章を書くことが好きです。 とても好きなのですが、でも、大好きです!というほど力んだものではなくて、淡々と、でも内側にはすごく熱いものがほとばしっていて、という感覚を持ちながら、 ...

日々徒然

僕の今の人生は、どう考えても自分1人の力では辿り着けない今があると感じています。 言葉にするのは難しいけれど、見えない何かに背中を押してもらっている。そんな感覚なんですね。 例えば、僕は今、 ...